声優の学校ってどんなトコ?声優専門学校おすすめランキング

声優専門学校ってどんなところ?おすすめの声優学校ランキング!

声優専門学校ってどんな授業をするの?声優になるにはどの学校を選ぶのがいいの?
ここでは声優の学校に関する様々な疑問に答えています。

 

声優の学校に行きたい!そう思ったらまずは声優の学校についてしっかり情報収集してみましょう。

 

 

 

 

 

声優専門学校の選び方


声優になるためには、学校選びは最初の大切なステップとなります。
「楽しそうだから」「雰囲気がいいから」だけでは選ばずに、声優という夢を叶える場所として、慎重に声優専門学校を選ぶようにしましょう。
ここからは、声優の学校を選ぶ際の注意点について順に解説していきます。

 

 

卒業後の進路・実績

 

アミューズメントメディア総合学院の卒業生の進路

出典:アミューズメントメディア総合学院公式HPより

 

声優専門学校を選ぶ上で最も重要な情報となるのが、卒業後の進路・実績です。
どんなに楽しい学校生活が送れたとしても、卒業後にフリーターになっていては声優専門学校に通った時間がもったいないですよね。

 

過去の卒業生はどのような進路へ進んでいるのか、声優プロダクション(芸能事務所)への所属を勝ちとる卒業生はどの程度いるのか、これまでの実績をはっきりとした数字で確認してみましょう。

 

声優専門学校の実績の一つに、卒業生のプロダクション所属率があります。
ただし、プロダクション所属率の計算方法にはっきりとした決まりはないので、算出方法は声優専門学校によって異なります。

 

「プロダクションの所属声優として合格した確率」を掲載している学校もあれば、声優養成所への入所もプロダクション所属としてカウントしている学校もあります。
表向きの数字だけに惑わされずに、細かい部分もチェックして実績を確認しましょう。

 

 

 

オーディション開催数と参加プロダクション

 

声優専門学校で開催されるオーディションの様子

 

多くの声優専門学校では、卒業年度に学校内でオーディションを開催します。
校内オーディションには声優プロダクション各社が招かれ、プロダクション担当者に見出されると、プロダクション所属声優や研究生になることができます。

 

校内オーディションの開催数や参加プロダクションの数は声優専門学校により異なりますが、当然ながら多ければ多い方が声優になれるチャンスは広がります。

 

また、入りたい声優プロダクションがあるなら、校内オーディションにそのプロダクションが参加しているのかもチェックしておきたいポイントです。

 

声優専門学校のホームページに記載されていない場合は、資料請求してみたり、学校見学に参加して質問してみると良いでしょう。

 

 

 

なりたい声優を目指せる授業内容か

 

声優専門学校の授業の様子

 

声優専門学校の授業内容やカリキュラムは、声優専門学校によって少しづつ異なります。

 

ボイストレーニング(発声練習)や演技指導はどの声優専門学校でも行われていることです。
一方で、声優専門学校によってはヴォーカルトレーニングやダンスレッスンがあったり、ラジオ収録やフリートークの授業がある声優専門学校もあります。

 

あなたは将来どんな声優になりたいのか。
自分のなりたい声優像と、声優専門学校の授業カリキュラムを照らし合わせて選ぶようにしましょう。

 

 

 

専門学校全体には何科が多い?

 

アニメ・ゲーム系専門学校の学科一覧

 

ここ数年で声優科を新たに開設する専門学校はかなり増えました。
その中にはアニメ・ゲーム系の専門学校もあれば、声優や俳優、タレントなどを育てる芸能関係の専門学校もあります。

 

また、音楽やダンスの専門学校が声優科も併設しているというケースも少なくはありません。

 

これらの中で比較的実績や評判が良いのは、アニメ系の専門学校か芸能関係の専門学校になります。
音楽やダンスの専門学校は実績としてそれほど良いとは言えないところです。
また、音楽やダンスの専門学校では学生同士の趣味や雰囲気の違いが大きいのも気になるところです。

 

アニメが好きな人や、演技が好きな人が学校に多い方が、かけがえのない仲間に出会える機会も多いかもしれませんね。

 

 

 

専門学校か一般企業校か

声優の学校には大きく分けると2種類あります。

 

一つは学校教育法による認可を受け、学校法人によって運営される声優専門学校です。
そしてもう一つは一般企業が運営する声優の学校、こちらは学校教育法による認可を受けていないので、正確には専門学校には該当せず、無認可校とも言われています。

 

無認可と言うと印象が悪く聞こえますが、決して専門学校として認可してもらえなかったわけではなく、一般企業校は無認可のメリットを活かすためにあえて無認可で運営している学校が多くなります。

 

一般企業が無認可で学校運営するメリットには、カリキュラムを変更しやすいことと、講師を制限なく採用できることがあります。

 

認可を受けている専門学校は、カリキュラムの変更などに何かと届け出が必要になります。
そのため、迅速なカリキュラムの変更や見直しができないのが一つのデメリットとも言われています。

 

その点、一般企業校はいちいち許可を取る必要がなく、学校が良いと考える独自の運営ができるのが特徴です。

 

また、認可を受けている専門学校は採用できる講師に制限や決まりがありますが、一般企業校であれば自由に講師を採用できるので、現役で活躍する声優を講師に招きやすいというメリットもあります。

 

専門学校と一般企業校のメリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

 

メリット デメリット
専門学校
  • 専門学校卒の学歴がつく
  • 奨学金制度が利用できる
  • 学割がつかえる
  • カリキュラムが変更しづらい
  • 講師の採用に制限がある
一般企業校
  • カリキュラムが迅速に変更可能
  • 現役声優の講師も自由に採用
  • 奨学金不可、国の教育ローンはOK
  • 学割がつかえない


一般企業校では現役で活躍する声優を講師に採用するなど、業界とのつながりを最大限に活かして運営しているところが多くあります。
華やかで大掛かりなイベントも多く、声優デビュー実績の高さからも一般企業校は人気を集めています。

 

ファッションやゲームクリエイターの育成で有名な「バンタン」も、株式会社ドワンゴの子会社が運営する一般企業校です。
クリエイターやパフォーマーを育成する学校には、一般企業校の方が人気校が高い傾向にもあります。

 

一般企業校では日本学生支援機構の奨学金を利用できませんが、国の教育ローン(日本政策金融公庫)を利用できるのでデメリットとまではならないでしょう。

 

唯一とも言えるデメリットは学歴ですが、声優になるために学歴は必要ではありません。
専門学校を卒業後に就職活動をする際には履歴書に書けますが、声優専門学校卒業となると一般企業ではほとんど評価してもらえないのが現状です。

 

 

 

学費

声優の学校を選ぶ上では、学費や授業料も当然ながら重要なポイントでしょう。
声優専門学校の学費は、2年間で230万円〜260万円が平均的な相場となっています。

 

学費が高い声優専門学校では2年間で300万円近くかかるので、気になる声優専門学校があれば確認してみましょう。

 

学費についてはホームページに記載されていないことも多いので、資料請求して正確な金額を確認するようにしましょう。

 

 

 

声優専門学校と養成所はどっちがいい?


声優を育成する学校には、これまでご紹介してきた専門学校や一般企業校以外にも、声優養成所やスクールなどがあります。

 

声優養成所とは、声優プロダクションが自社の声優を育てるために運営している養成機関です。

 

また、声優スクールは習い事のようなもので、主にボイストレーニングを中心に行い、声優専門学校や声優養成所の補足として通う人もいます。

 

これら声優の学校のうち、プロの声優を目指すなら、声優専門学校(一般企業校も含む)か声優養成所のどちらかに通うのが一般的です。

 

声優専門学校と声優養成所、そして声優スクールについて、それぞれの学校の特徴を解説します。

 

 

 

全日制学校とスクールレッスン

声優専門学校は学校だけあって、週5日でカリキュラムが組まれているのが一般的です。
午前中だけで授業が終わる日もあれば、朝から15時頃まで授業という日もあります。
声優専門学校は、高校や他の専門学校と同じく全日制の学校です。

 

その点、声優養成所には全日制のところは少なく、週に1回〜3回程度レッスンを受けるのが一般的です。
1日のレッスンは2時間〜4時間くらいの声優養成所が多く、学校というよりもスクールのような習い事に近い感覚です。

 

そのため、日中は仕事をしながら声優養成所に通う人、大学と並行してダブルスクールで通う人、色んな人が声優養成所に通っています。

 

と言ってもこれは基本的なケースであり、声優養成所であっても全日制を採用しているところもありますし、声優専門学校の中にも土日・夜間校を設けているところもあります。

 

 

 

声優養成所には入所オーディションがある

 

声優養成所の入所オーディション

 

声優養成所に入所するためには、入所オーディションに合格する必要があります。
オーディション難易度は声優養成所によって違いますが、規模の小さな声優養成所や、受け入れ人数が少ない声優養成所になると、入所オーディションの倍率は当然ながら高くなります。

 

一方で、声優専門学校に入学するには、オーディションではなく入学試験を受験するのが一般的です。
入学試験の内容は書類選考や面接のみという学校が多く、合格率もかなり高くなっています。
声優養成所に比べると定員もかなり多いので、入試に落ちる可能性は極めて低いと言えます。

 

声優スクールについては習い事なので、月謝や授業料さえ支払えば誰にでも通うことはできます。

 

 

 

イベントも盛り沢山!楽しむなら専門学校

声優専門学校は大学や高校と同じく学校なので、季節ごとにイベントが開催されていたり、夏休みや冬休みもあります。
声優の勉強をしながら学生生活を思いっきり楽しめるのが声優の学校です。

 

一方で、声優養成所はプロダクションが自社の声優を育てる養成機関なので、専門学校よりもピリッとした空気感のところが多くなります。

 

とは言え、声優専門学校でも真剣にレッスンに取り組み、本気でプロの声優を目指している人もたくさんいますし、声優養成所でも同じ夢を持つ仲間に出会えることに変わりはありません。

 

 

 

プロダクションの選択肢

声優プロダクションにはそれぞれ特徴があります。
アイドル声優のマネジメントや育成が得意なプロダクションもあれば、映画の吹き替えの仕事が多いプロダクションもあります。

 

自分はどんな声優になりたいのか、声優プロダクションにはどんな会社があるのか、まだ見えていないようであれば、選択肢の広がりやすい声優専門学校の方が良いでしょう。

 

声優専門学校や声優スクールはプロダクションが運営している学校ではないので、自由に声優プロダクションのオーディションを受験できます。

 

一方、声優養成所はプロダクション直営となるので、声優養成所に籍を置いている間は、他のプロダクションのオーディションを受けられないのが原則です。

 

所属したい声優プロダクションがはっきり決まっているなら、そのプロダクションが運営する声優養成所に入所するのが近道です。

 

ただし、他の声優プロダクション主催のオーディションを受けられないため、道が絞られる点には注意したいところです。

 

 

厳選2校のおすすめ声優学校はココ!

総合学園ヒューマンアカデミー

 

ヒューマンアカデミー公式サイト

 

日本全国16校舎
年間350回以上、90社以上参加オーディション
卒業後も強力にバックアップ
講師が現役声優

 

声優の学校を選ぶ上で1番大切なことは、学校卒業後にどれだけの生徒が声優になれているのかという"結果"です。

 

年間を通して圧倒的な回数のオーディションを受けられるヒューマンアカデミーは、数ある声優専門学校と比較して最もおすすめしたい声優の学校です。

 

年に2回開催の学内オーディションでは、90社以上の声優プロダクションが学校に招かれてオーディションに参加します。

 

学内オーデションは学校に在籍している生徒しか受験できないので、声優デビューを目指す人にとっては大きなチャンスです。

 

学内オーディションの期間中は2、3日に1回はオーディションが開催されていて、40社以上受験する生徒もいます。

 

学内オーデションを開催している声優専門学校は他にも何校かありますが、参加プロダクションが少ない声優専門学校では20社程度しか参加しません。

 

90社以上の参加は業界最多クラスとなっていて、受験できる声優プロダクションの選択肢が広がり、声優デビューのチャンスにも豊富に恵まれます。

 

卒業後のサポートも手厚く、オーディション情報の提供やカウンセリングを積極的に行っています。
さらに、解放されている部屋があれば卒業生でもレッスンに使わせてもらえるのもメリットの一つです。

 

また、講師を務めるのは現役で活躍する声優で、津田健次郎さんなど実力派声優による授業を受けることができます。

 

それら様々な改革によって、最近では卒業生の伊藤節生さんが声優アワード新人男優賞を受賞するなど、今注目の声優の学校と言えます。

 

※入学願書の受付は4月1日時点で満18歳以上の方が対象です。

 

校舎 東京(高田馬場、新宿、原宿、秋葉原)/大阪/札幌/仙台//千葉(柏)/埼玉(大宮)/横浜/静岡/山梨/名古屋/京都/神戸/広島/福岡/北九州/鹿児島/那覇
卒業生 伊藤節生/村川梨衣/熊谷健太郎/大亀あすか/吉村俊作/小林大紀/福沙奈恵/金子彩花/下山田綾華/笹本菜津枝/清都ありさ/木村優希
運営 一般企業校

 

公式サイトへのバナー

 

 

 

アミューズメントメディア総合学院

 

アミューズメントメディア総合学院

 

70以上の声優事務所によるオーディション
卒業生の事務所所属率は67.7%
卒業生への仕事の斡旋やスキルアップ勉強会

 

声優専門学校を選ぶ上で1番大切なことは、カリキュラムや学費よりも、どれだけの生徒が就職できているのかという"結果"です。

 

声優の就職とはつまり声優事務所に所属することですが、その点においてアミューズメントメディア総合学院はおすすめしたい声優の学校です。

 

アミューズメントメディア総合学院では、年に1回声優事務所の所属審査が行われ、70社を超える声優事務所が参加します。

 

声優の専門校で行われる所属オーディションとしては最大規模で、参加プロダクションの数だけあってかなりの合格者数となっています。

 

アミューズメントメディア総合学院東京校の2019度卒業生の事務所所属率は67.7%、他の専門学校を大きく上回る圧倒的な就職率となっています。

 

難関と言われる青二プロダクションにも、ほぼ毎年のように合格者を出しています。

 

声優養成所の場合は直営プロダクション1社による所属オーディションのところがほとんどですが、1社だけの受験だと実力があってもプロダクションのカラーに合わなければ合格できません。

 

それに対してアミューズメントメディア総合学院の所属審査には、70社以上もの声優プロダクションが参加していて、好きな声優プロダクションのオーディションを無制限で受けることができます。

 

学校を卒業した後のバックアップも行なっていて、仕事の紹介やさらなるスキルアップのための勉強会も開催しています。
学生寮や学費のサポートも用意するなど、地方から上京してくる方へのサポートにも力を入れています。

 

また、学校でラジオ番組を持っているので、在学中からラジオデビューできる可能性もあります。

 

校舎は東京と大阪にありますが、大阪校は国からの認可を受けた専門学校、東京校は一般企業校となっています。
専門学校には学歴などのメリットがありますが、東京校はあえてフットワークの軽い一般企業校というかたちをとっています。

 

カリキュラムや学費にそれほど差はないので、お住いの近くの校舎を選ぶと良いでしょう。

 

校舎 東京(恵比寿)/大阪
卒業生 柿原徹也/加藤英美里/門脇舞以/西明日香/赤羽根健治/芹澤優/山下誠一郎/落合福嗣/ランズベリー・アーサー/羽多野渉/伊藤かな恵/小林裕介/河本啓佑/中川亜紀子/三宅 健太/坂 篤志/米澤円/本多真梨子
運営 東京校/一般企業校・大阪校/専門学校

 

公式サイトへのバナー

 

 

 

学費や所属実績など、ホームページには記載のない情報もあります。入学をお考えなら、まずは資料請求して最新の情報を確認しましょう。また、学校によっては体験入学に参加することで「入学金免除」や「プレスクール参加」などの特典が付くこともあります。

 

ヒューマンアカデミーの資料請求ボタンの位置

※資料請求や体験入学のお申し込みは、公式HP上部の赤枠から可能です。

 

 

アミューズメントメディア総合学院の資料請求ボタンの位置

※資料請求や体験入学のお申し込みは、公式HP下部の赤枠から可能です。

 

 

 

その他声優専門学校の一覧

専門学校東京アナウンス学院

 

東京アナウンス学院

 

日本初の本格的な声優学科を設けた専門学校
現役声優を多数輩出

 

映像制作や放送技術の専門学校である東放学園の系列校です。
日本で初めて本格的に声優育成をはじめた専門学校として有名で、歴史の長さからも多くの声優を輩出しています。

 

テレビアニメ「それが声優」に学内オーディションで選ばれた学生が出演するなど、オーディション参加のチャンスを積極的に提供している専門学校なので、在学中から声優デビューできる可能性もあります。

 

一般企業校ではなく専門学校への進学を考えているなら検討したい声優専門学校です。

 

校舎 東京(中野区)
卒業生 新井里美/大久保瑠美/佐藤聡美/杉山紀彰/高橋広樹/保志総一朗/寺島拓篤/細谷佳正/増田俊樹/三上枝織/山口勝平/ゆきのさつき
運営 専門学校
公式HP https://www.tohogakuen.ac.jp/announce/

 

 

 

専門学校 東京声優アカデミー

 

専門学校東京声優アカデミーのロゴ

 

クラスは担任制
1年制と2年制から選べるカリキュラム

 

規模としてはそれほど大きくはありませんが、数少ない声優学科がメインの専門学校です。
クラスごとに担任が決まっていて、定期的な個人面談で進路などについて相談できるのが特徴です。

 

カリキュラムは1年制と2年制を選択することができ、1年制の場合は終了した時点で2年制に編入することも可能です。

 

2年制の2年目後半からは、「アニメアフレコ」「映画アフレコ」「ゲームアフレコ」「ボーカルパフォーマンス」「ナレーション」「演劇」「ビジネス」「アイドルパフォーマンス」の8つの専攻から二つを選択し、より専門的に学んでいきます。

 

校舎 東京(恵比寿)
卒業生 代永翼/甲斐田裕子/氷青/佐藤拓也/小堀幸/米内佑希/大塚琴美
運営 専門学校
公式HP http://www.tmaa.ac.jp/tma/pc/index.html

 

 

 

日本工学院専門学校

 

日本工学院専門学校のロゴ

 

総生徒数2,000人超えのマンモス校
2010年竣工の新キャンパス

 

創立70周年、39学科を設置する大型の総合専門学校です。

 

2010年には東京の蒲田に地上20階の新キャンパスを設立、4000人収容可能なアリーナも併設する大型キャンパスです。

 

日本工学院専門学校は北海道にもキャンパスを持っていますが、北海道のキャンパスは声優科が無いので実質的には東京だけとなります。

 

とにかく充実した設備、綺麗なキャンパスの声優専門学校に通いたい方にはおすすめです。

 

校舎 東京(蒲田、八王子)
卒業生 新谷良子/清水愛/江口拓也
運営 専門学校
公式HP http://www.neec.ac.jp/

 

 

 

東京アニメーションカレッジ専門学校

 

アニメーションカレッジ専門学校のロゴ

 

2年制と3年制から選べるカリキュラム
漫画とアニメ専門の学校

 

漫画とアニメ専門にしては学校の規模が大きく、業界ではそれなりに知名度も高い専門学校です。
声優学科には2年制と3年制が用意されていて選択することができます。

 

3年制の声優コースがあるのは珍しいことですが、費用や時間を考えると2年制の方がおすすめです。
クラスごとに担任をもうけたり、卒業後もサポートを続けるなど、フォローが心強い声優専門学校でもあります。

 

校舎 東京(高田馬場)/大阪
卒業生 本泉莉奈/Misaki/森田了介
運営 専門学校
公式HP http://www.tokyo-anime.jp/

 

 

 

代々木アニメーション学院

 

代々木アニメーション学院

 

日本初のアニメ専門スクール
週1クラスから全日制まで多彩なクラス

 

無認可の学校の中では、アミューズメントメディア総合学院と並んで有名な声優学校です。
設立は1978年、日本初のアニメ専門スクールで、非常に歴史の長い学校となっています。

 

アニメ以外にもナレーションや外画吹き替えなど、幅広いカリキュラムが特徴です。
近年では秋元康氏が名誉学院長兼総合プロデューサーに就任、秋元氏の助言を参考にしてカリキュラムを組んでいます。

 

業界の第一線で活躍する人間のアドバイスを受けているため、時代のニーズにあった人材育成にも期待できるかもしれません。
週1クラスから全日制のクラスまであるので、自分の生活環境に合わせて通えるのも評判です。

 

しかしながら、近年はオーディション合格率や卒業生のデビュー実績において、あまり良い結果を残せていません。
プロの声優になるには、声優の学校選びは非常に大切な選択で、最も重視すべきは事務所の所属オーディション合格率です。

 

声優の学校に通う目的がプロの声優としてデビューすることなのであれば、アミューズメントメディア総合学院やヒューマンアカデミーの方が良い選択と言えるかもしれません。

 

また、過去に代々木アニメーション学院は、入学辞退者への返金が不足していた問題を起こし、経営破綻もしています。

 

現在の代々木アニメーション学院は別の会社が運営していますが、過去の経営破綻やお金のトラブルは気になるところです。

 

校舎 東京(水道橋)/大阪/札幌/仙台/名古屋/金沢/広島/福岡/
卒業生 宮下栄治/高野麻里佳/永野初音/北爪日向/水樹奈々/櫻井孝宏/中村悠一/鈴村健一/田村ゆかり/松岡禎丞/伊波杏樹/南條愛乃
運営 一般企業校
公式HP https://www.yoani.co.jp/

 

 

 

東京アニメーター学院専門学校

以前は無認可の声優スクールでしたが、2017年には届出をして国からの認可を受けた専門学校となりました。

 

DRAGON BALLの悟空で有名な野沢雅子さんや、鋼の錬金術師のイズミ・カーティス役の津田匠子さんなど、過去にはベテラン声優が特別講師として講演会を行いました。

 

しかしながら、それほど入学希望者が多くはなかったのか、大阪校は2016年の3月に閉校しています。

校舎 東京(水道橋)
卒業生 小山さくら/中嶋アキ/中嶋ヒロ/古賀慶太/八戸優/後藤ヒロキ
運営 専門学校
公式HP https://tag.o-hara.ac.jp/

 

 

 

専門学校 東京クールジャパン

東京にあるビジュアルアーツ専門学校と系列の専門学校です。2019年に専門学校東京ネットウエイブから学校名を変更しました。

 

東京クールジャパンはまだ歴史の浅い声優専門学校なので、声優を輩出した実績は非常に少ないと言えます。

 

実績や評判などの情報が少ないという意味では、選択肢としてはおすすめできません。

校舎 東京(渋谷)
運営 専門学校
公式HP https://www.cooljapan.ac.jp/

 

 

 

ESP学園グループ

ESPアニメーション声優専門学校やESPエンタテインメントなど、日本全国に声優科のある校舎がいくつかあります。
元々は音楽系がメインの専門学校なので、声優アーティストやボーカリストになりたい方にはおすすめです。

 

プロダクションの所属オーディションには30社ほど参加しますが、音楽系の企業も多いようです。
ESPアニメーション声優専門学校は、1クラス15人程度からなる少人数制のクラスが特徴となっています。

校舎 東京/大阪/福岡
運営 専門学校
公式HP https://www.esp.ac.jp/

 

 

 

東京ダンス&アクターズ専門学校

専門学校の名前の通り、ダンス関係の学科がメインとなっています。

 

声優系の学科も開講していますが、卒業生で活躍している声優はほとんどいません。

校舎 東京(渋谷)
運営 専門学校
公式HP https://www.da-tokyo.ac.jp/

 

 

 

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校

アニメやゲームの専門学校です。部活も盛んな活気のある専門学校です。

 

開校したのが2011年と比較的新しい専門学校なので、設備が新しくきれいである一方で、声優の輩出実績は多くはありません。

校舎 東京(江戸川区)
運営 専門学校
公式HP https://www.anime.ac.jp/

 

 

 

尚美ミュージックカレッジ専門学校

名前の通り音楽系の学科がメインの専門学校です。
11ある学科のうちの1つが声優学科となっています。

 

音楽系の専門学校だけあって、声優学科でもダンスやボーカルレッスンの評判が良いです。
声優としてCDデビューやコンサートも考えているなら検討してみるのも良いでしょう。

校舎 東京(文京区)
運営 専門学校
公式HP https://www.shobi.ac.jp/index.html

 

 

 

専門学校デジタルアーツ

東京ビジュアルアーツと名前は似ていますが別の専門学校です。

 

東京の池袋に加えて、仙台にも校舎を構えています。

校舎 東京(池袋)/仙台
運営 専門学校
公式HP https://www.dat.ac.jp/(東京校)

https://www.sugawara.ac.jp/digital/(仙台校)

 

 

 

ビジュアルアーツ専門学校

創立から50周年を超える、大阪の老舗専門学校です。
大阪にある声優の専門学校の中では、プロダクション所属率がそこそこ良いと評判です。

校舎 大阪
卒業生 濱健人/水谷麻鈴/櫻井トオル
運営 専門学校
公式HP https://www.visual-arts-osaka.ac.jp/

 

 

 

大阪アニメ・声優&eスポーツ専門学校

在学中から実際の声優の仕事に参加させてもらえるチャンスがあります。
大阪の声優専門学校の中では、東京の芸能プロダクションとの繋がりが強い方です。
決まった講師から長く教わるというよりも、多彩な講師が色々なレッスンをしてくれる専門学校です。

校舎 大阪
運営 専門学校
公式HP https://www.oas.ac.jp/

 

 

 

大阪エンタテインメントデザイン専門学校

少人数制のクラスや、学内にプロダクションを招いてのオーディションなど良さはありますが、卒業生を見る限りそれほどの実績がありません。

校舎 大阪
運営 専門学校
公式HP http://oaed.jp/

 

 

 

大原情報ITクリエイター専門学校

コマーシャルで有名な資格の専門学校大原です。
声優コースの専門校ではないので、講師やカリキュラムに偏りがある印象です。

校舎 大阪
運営 専門学校
公式HP https://www.o-hara.ac.jp/osaka/gakkou/joho/

 

 

 

神戸電子専門学校

神戸ではおそらく唯一の声優科のある専門学校です。
講師に現役の声優が少ないのが弱みです。

校舎 神戸
運営 専門学校
公式HP https://www.kobedenshi.ac.jp/

 

 

 

名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校

年に2回開催される学内オーディションには、東京から声優プロダクションが30社ほど集結します。
名古屋のような地方都市にある専門学校の中では、レベルの高いヴォーカルレッスンやダンスレッスンが受けられると評判です。

校舎 名古屋
運営 専門学校
公式HP https://www.nsm.ac.jp/

 

 

 

専門学校日本マンガ芸術学院

2年制や3年制、夜間学校など、ライフスタイルに合わせて多彩なコースから選択することができます。
社会人や大学生にも通いやすい声優専門学校です。

校舎 名古屋
運営 専門学校
公式HP https://www.ndanma.ac.jp/nma/

 

 

 

札幌ミュージック&ダンス・放送専門学校

旧・札幌放送芸術専門学校です。
過去には浪川大輔さんや柿原徹也さんが特別講師として来校しました。

校舎 札幌
運営 専門学校
公式HP https://www.ssm.ac.jp/

 

 

 

札幌マンガ・アニメ&声優専門学校

札幌の声優専門学校の中では、高いプロダクション所属率を誇ります。
現在第一線で活躍する声優も数名輩出しています。

 

校舎 札幌
卒業生 木島隆一/杉山里穂/佐々木詩帆/安田康平/伊藤はるか
運営 専門学校
公式HP https://www.smg.ac.jp/td/

 

 

 

仙台スクールオブミュージック&ダンス専門学校

ダンスや音楽系がメインの専門学校なので、講師や設備もそちらが重視されている印象があります。

校舎 仙台
運営 専門学校
公式HP https://www.sendai-com.ac.jp/index.html

 

 

 

国際映像メディア専門学校(I-MEDIA)

非常勤の特別講師には大御所声優が名前を連ねますが、普段の講師はそれほど多くはありません。
やはり地方の声優専門学校となると、現役声優の講師は少なくなります。

校舎 新潟
運営 専門学校
公式HP https://www.i-media.cc/

 

 

 

声優専門学校の選択は、声優を目指す上で非常に重要なターニングポイントとなります。

 

安易に決めてしまうのではなく、できるだけ多くの専門学校の資料を集めて、できれば体験入学にも参加してみましょう。

 

 


厳選2校のおすすめ声優専門学校はココ!

 

 

声優専門学校の入試について


進路を声優専門学校に決めたら、まず気になるのは入学試験についてでしょう。

 

未経験者だから実技があると不安…そう思いがちですが、入試に実技がある声優専門学校はほんの一部であって、ほとんどの専門学校では書類と面接のみで決まります。

 

実技がある場合も声優としての実力を見ているわけではなく、物事に一生懸命取り組む姿勢や人間性をチェックしていることがほとんどです。

 

声優未経験者だからと言って不安になる必要はなく、一生懸命チャレンジすれば何の問題もありません。

 

 

各声優学校の選考方法

アミューズメントメディア総合学院
受験方法 選考方法
AO入試 書類選考・面談

(説明会参加者は書類選考のみ)

学校推薦 書類選考
自己推薦 書類選考
一般入試 書類選考

 

東京アニメーションカレッジ専門学校
受験方法 選考方法
AO入試 書類選考・面接
学校推薦 書類選考
指定校推薦 書類選考
一般入試 書類選考・面接

 

専門学校東京クールジャパン
受験方法 選考方法
AO入試 面接
学校推薦 書類選考
自己推薦 書類選考
一般入試 書類選考

 

東京アナウンス学院
受験方法 選考方法
AO入試 書類選考・面接
学校推薦 書類選考
自己推薦 書類選考
一般入試 書類選考・面接・実技(原稿読み)

 

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校
受験方法 選考方法
AO入試 書類選考・面接・作文
学校推薦 書類選考・面接・作文
指定校推薦 書類選考・面接・作文
一般入試 書類選考・面接・作文

 

東京アニメーター学院専門学校
受験方法 選考方法
AO入試 書類選考・面接
指定校推薦 書類選考・必要に応じて面接あり
自己推薦 書類選考・面接
一般入試 書類選考・必要に応じて面接あり

※選考方法は年度によって変更される可能性があります。最新の情報は必ず各専門学校のホームページにてご確認下さい。
※上記以外にも、各種推薦入学枠を用意している専門学校があります。

 

 

入試の際の服装も気になるところですが、ほとんどの声優専門学校では私服を推奨していて、「あなたの好きな服装で個性を見せてください」などと説明しています。
しかし、あまりにも奇抜な格好で変に目立つよりは、清潔感を重視して印象の良い服装を心掛けるのが良いでしょう。

 

 

 

声優専門学校の授業内容


声優専門学校っていったいどんな授業をするのか?とっても気になるところですよね。
声優は俳優と同じく、人物やキャラクターを演じる仕事なので、授業やレッスンの内容は劇団に近いとも言えます。

 

 

声優専門学校の主な授業内容

ボイストレーニング

 

声優専門学校の発声練習

 

声の正しい出し方や腹式呼吸、滑舌の練習を行います。声優になるための基礎トレーニングで、反復して練習します。

 

 

朗読

 

声優専門学校の朗読授業

 

セリフの朗読を通して感情表現を学びます。また、台本の読解能力を高めて、どうすれば相手に伝わるのかを学びます。

 

 

演技指導

 

声優専門学校のエチュードの様子

 

声優はマイクの前でただセリフを吹き込んでいるわけではありません。人物やキャラクターの役になりきって、マイクの前で演じるのがプロの声優です。俳優と同じように演技力を求められるのが声優のお仕事です。

 

 

アフレコ

 

声優専門学校のアフレコ授業

 

実際にアニメーションを見ながら声をあてる授業です。声優専門学校の授業の中でも最も楽しい授業と言えるでしょう。

 

 

オーディション対策

 

声優専門学校のアフレコ授業

 

声優としてデビューするためには、オーディションに合格することが必要不可欠とも言えます。オーディションに合格する声優には、技術や容姿が優れている人もいれば、自己アピールや自己プロデュースが上手い人もいます。自分はどんな魅力を持った人間なのか、オーディションでアピールするための授業です。

 

 

 

上記は声優専門学校の一般的な授業内容です。
細かい違いはあれど、多くの声優専門学校のカリキュラムに組み込まれています。

 

これら以外にも、ヴォーカルやダンスレッスン、舞台上でのアクション演技など、声優専門学校によって様々な授業が行われています。

 

声優専門学校の授業内容は実際に体験してみるのが一番分かりやすいので、興味のある専門学校があれば体験授業に参加してみましょう。

 


都道府県別に声優の学校を検索