2.5次元俳優になるには?舞台デビューまでのルートを徹底解説!

2.5次元の舞台俳優になるには

今最も注目を浴び、これからさらなる市場拡大が期待されている2.5次元のアニメミュージカル。
2.5次元の舞台俳優になるにはどうすればいいのか?
2.5次元俳優になるまでの道のりについて順に解説していきます。

 

 

2.5次元の専門学校を卒業して舞台俳優デビュー

2.5次元ミュージカルが人気と共に注目されるにつれて、2.5次元俳優としてのデビューを目指す若者も増えてきました。
その中でライバルに勝ち抜き2.5次元俳優になるにはどうすれば良いのか。これから王道ルートになっていくと考えられるのは2.5次元の専門学校へ通う方法です。

 

2.5次元の舞台作品が続々と公開されるに連れて、2.5次元の舞台俳優を育成する専門学校もわずかながら出てきました。
2.5次元の専門学校では、2.5次元俳優に求められる知識やスキルを学び、最終的には2.5次元俳優をマネジメントできる芸能プロダクションへの所属を目指します。

 

2.5次元俳優の専門学校は東京都内でもわずか数校しかありませんが、その中でも総合学園ヒューマンアカデミーは、2.5次元俳優を育成する専門の学科を開設しています。

 

 

 

2.5次元俳優になりたい方必見!総合学園ヒューマンアカデミー

 

ヒューマンアカデミー公式サイト

 

全国に校舎を展開するヒューマンアカデミーでは、2.5次元俳優を専門に育成するコースを開設しています。
入学1年目は演技を基礎から学び、2年目になると本格的に2.5次元舞台やミュージカルについて知識・技術を身につけていきます。

 

インターンシップも積極的に行なっている学校で、在学中からプロの2.5次元俳優と共演することで多くの舞台経験を積んでいきます。

 

年に2回開催の学内オーディションには、90社以上の芸能プロダクションや劇団が学校に招かれます。
学生は好きなプロダクションや劇団のオーディションを自由に受けられるので、2.5次元俳優になる大きなチャンスです。

 

学内オーデションを開催している専門学校は他にもありますが、参加プロダクションが少ない専門学校では20社程度しか参加しません。
90社以上のプロダクションや劇団が参加するのは業界最多級で、それだけ舞台俳優や声優の輩出実績も豊富な学校です。
2.5次元のアニメ舞台での活躍を目指すなら、まずチェックしておきたい専門校です。

 

校舎 東京(高田馬場、新宿、原宿、秋葉原)/大阪/札幌/仙台//千葉(柏)/埼玉(大宮)/横浜/静岡/山梨/名古屋/京都/神戸/広島/福岡/北九州/鹿児島/那覇
卒業生 伊藤節生/村川梨衣/熊谷健太郎/大亀あすか/吉村俊作/小林大紀/福沙奈恵/金子彩花/下山田綾華/笹本菜津枝/清都ありさ/木村優希

 

公式サイトへのバナー

 

 

 

2.5次元俳優になる最後の条件はオーディション合格

 

2.5次元ミュージカルのオーディションの様子

 

2.5次元俳優になるには、最終的には以下のどちらかの方法により役を勝ち取る必要があります。

 

  • 舞台制作前のオーディションに合格する
  • 制作会社から直接出演オファーを受ける

 

直接出演オファーを受けるのはある程度知名度がある舞台俳優くらいなので、現実的にはオーディションに合格することが2.5次元俳優になる唯一の方法とも言えます。

 

オーディションには一般公募されているものも僅かながらありますが、専門学校や劇団で演技を経験したことのない初心者が合格する可能性はほとんどありません。
基本的には芸能プロダクションや劇団、または2.5次元専門学校に直接オーディション情報が届き、そこから応募するのが一般的です。

 

ただし、全ての芸能プロダクションや劇団、専門学校にオーディション情報が届くわけではなく、2.5次元ミュージカルの制作会社が選択した先のみとなります。
2.5次元俳優になりたいと思ったら、2.5次元の制作会社とのコネクションがあるプロダクションや劇団を選ぶことが大切です。

 

2.5次元の専門学校では、そのようなプロダクションや劇団に関する情報を提供してもらい、卒業後には俳優として所属することを目指します。

 

 

 

2.5次元俳優になる別ルート

2.5次元俳優になるには、専門学校を卒業してプロダクションや劇団に所属する以外にも様々なルートがあります。2.5次元俳優になる特殊なルートについて、いくつか例を挙げてご紹介します。

 

 

舞台役者からの転身

2.5次元は漫画やアニメ、ゲームを題材にしたミュージカルですが、根本的には舞台演劇です。
当然ながら舞台役者が2.5次元ミュージカルにキャスティングされることはよくあることです。

 

舞台役者になるには、劇団に所属するのが1番の近道です。
ただし、舞台役者になったからと言って必ずしも2.5次元俳優になれるわけではありません。

 

2.5次元俳優は舞台役者の中でも特殊で、演技力や歌唱力に加えて、ダンスやアクションなどのスキルも求められます。
また、漫画やアニメに登場するキャラクターを再現する高い表現力も求められます。
さらには、劇団が2.5次元の制作会社とつながりが無いことには、オファーもオーディション情報も届きません。

 

舞台役者として様々な経験を積み、2.5次元のオーディションに合格、もしくは直接オファーを受けることで、2.5次元の舞台に立つことができます。

 

 

 

声優からの転身

2.5次元の舞台化が決まると、声優とは別の2.5次元俳優がキャスティングされるのが一般的です。
しかし2.5次元の舞台の中には、アニメの声優がそのままキャスティングされているケースもあります。

 

また、アニメやゲームが制作される段階で舞台化も決まり、声優と2.5次元俳優に同一のキャストが起用される場合もあります。
まずは声優としてデビューして、後に2.5次元俳優として活躍するケースも少なくはありません。

 

特に、新人声優が2.5次元のキャストに抜擢されるケースは少なくはないので、チャンスはあると言えるでしょう。
2.5次元の専門学校と違い、声優の専門学校であれば数も多いので選択肢は増えます。

 

 

 

 

上記以外にも、タレントやアイドルから2.5次元俳優に転向するパターンや、宝塚女優が2.5次元のキャストに抜擢されるケースなどもあります。
2.5次元俳優になるには、何か決まった一つのルートがあるというわけではありません。

 

2.5次元俳優に求められるのは、演技力と歌唱力とダンススキル、そしてビジュアルです。
それらの中に光るものがある方であれば、どのような業界からでも2.5次元の舞台に出演するチャンスはあると言えます。

 

 

 

2.5次元俳優になりたい!学生のうちからできること

2.5次元俳優になるには、2.5次元の専門学校や芸能プロダクションの養成所に入所するのが近道であり、できるだけ早く行動に移すことが大切です。
2.5次元俳優としてデビューするためには、若ければ若い方が有利です。

 

しかしあなたがまだ学生で、地方在住と言うことであれば、今すぐに行動に移すのは難しいかもしれませんね。
そのような状況であれば、2.5次元俳優になる夢に少しでも近づくように、以下のことから始めてみましょう。

 

 

演劇部に所属する

2.5次元俳優は本来は舞台俳優であり、演技力が求められるプロフェッショナルです。
学生のうちから舞台演技の経験を積んでおくことは、将来必ず力になるはずです。
学校に演劇部がないようであれば、コーラス部で歌唱力を磨いたり、ダンス部に入ってダンスレッスンを始めてみるのも良いでしょう。

 

 

ボイトレスクールに通う

 

ボイトレスクールのレッスン風景

 

もう少しお金と時間をかけられるようであれば、ボイトレスクールに通ってみるのも良いでしょう。
ボイトレスクールで発声や腹式呼吸の基礎を学んだり、ヴォーカルトレーニングを積んでおくことも大きな経験となります。
2.5次元の作品の大半はミュージカルなので、歌唱力は必須とも言えます。

 

 

多くの本を読む

2.5次元俳優が演じるキャラクターは、ドラマや映画とは違って現実とは掛け離れたキャラクターが多くなります。
マンガやアニメ、ゲームに登場するキャラクターを理解して3次元で再現するには、深い理解力と高い想像力が求められます。

 

多くの舞台俳優や役者が読書を慣習化しているのは、活字を映像として再現する想像力を養うためでもあります。
漫画をたくさん読むのももちろん大切なことですが、小説のような活字から想像力を養うこともまた大切です。

 

 

光る特技を身に付ける

2.5次元俳優としてデビューするには、最終的にはオーディションで勝ち抜く必要があります。
2.5次元ミュージカルは人気が高く、それだけ出演を目指している役者も大勢います。

 

その中でオーディションを勝ち抜くためには、他の人にはない自分だけの特技を身につけておくことです。

 

例えば、学生のうちから体操教室に通い、バク転などアクロバティックなアクションを身につけておくのも良いでしょう。
または、ネイティブレベルで英語歌詞の楽曲が歌えるというのも武器になるでしょう。

 

2.5次元の舞台を制作する側はどんな能力がある俳優に目をつけるのか、よく想像して特技を身につけましょう。

 

 

 

最後に

2.5次元俳優になりたいと思ったら、まずは何よりも早く行動を起こすことです。
2.5次元俳優や声優になるには、若いことが一つの武器にもなります。
専門学校や劇団、学校の演劇部など、まずは情報を集めることから始めてみましょう。