大学生におすすめの声優養成所と専門学校|大学生が声優になるには

大学生におすすめの声優養成所

大学生が声優になるには、道は二つに絞られます。
一つは声優養成所や専門学校から事務所に所属となること、そしてもう一つは一般公募のオーディションに合格することです。

 

しかし、声優は"声がイイ"だけでなれるものではなく、基礎もできていない未経験者ではオーディションに合格する確率は無いに等しいと言えます。

 

そうなると、大学生が声優になるには、声優養成所や専門学校に通い、そこから事務所所属を目指す道に絞られます。

 

声優養成所には、週に数回のレッスンで大学とのダブルスクールが可能なところもいくつかあります。

 

その中でも大学生におすすめの声優養成所というと、ドラゴンボールZのベジータ役で有名な堀川りょうさんが学院長を務める『インターナショナルメディア学院』です。

 

週に1回から通える声優養成所なので、大学生でも学業との両立がしやすく、学費も他の声優養成所と比較して安く設定されています。

 

また、インターナショナルメディア学院のグループ会社には声優のプロダクションが二つあり、養成所内で3ヶ月に1回行われるオーディションに合格すれば、プロダクションの所属となり声優デビューすることができます。

 

声優養成所によっては、2年間レッスンを受けないと所属オーディションを受けられないところや、年に一度の所属オーディションで一人も合格者を出さないところもあります。

 

インターナショナルメディア学院は養成所からのデビュー率が高く、大学生であっても着実に声優になるためにステップアップできます。

 

なお、インターナショナルメディア学院から声優デビューした累計人数は、公式サイトにて以下のように公開されています。

 

インターナショナルメディア学院の声優デビューの実績

 

インターナショナルメディア学院公式サイトはこちら

 

 

 

大学とのダブルスクールができる声優専門学校

声優専門学校の中には、大学生や社会人でも通えるように、週に1、2回のコースを設けている専門学校もあります。

 

最近の声優専門学校は授業内容や講師のレベルが高いので、声優養成所と一緒に検討してみる価値があります。

 

さらに週に1、2回のコースは費用が安いので、大学生のバイト代でも授業料を支払うことができます。

 

それでは、声優養成所と声優専門学校の違いは何か?
声優養成所はプロダクションが自社のタレントを養成するために運営しているスクールであるのに対して、声優専門学校は学校であるという点です。

 

声優養成所に入所するということは、運営している声優プロダクションへの所属を目指すということであり、原則として他の声優プロダクションの所属オーディションは受けられないことがほとんどです。

 

それに対して声優専門学校の場合は、在学中に様々な声優プロダクションの所属オーディションを受けることができます。

 

所属したい声優プロダクションが決まっているのであれば声優養成所、未定であれば声優専門学校を選ぶというのも良いでしょう。

 

参考記事:声優養成所と専門学校の違いとは?

 

 

大学生におすすめの声優専門学校2選

大学生が声優を目指すにあたっておすすめの専門学校は、アミューズメントメディア学院とヒューマンアカデミーです。

 

声優養成所や専門学校に通うことを考えている大学生の多くは、趣味ではなく将来的に声優の仕事をしていきたいと考えていることでしょう。

 

そんな大学生にとっては、どんなに有名な声優が講師を務めていても、どんなに最先端の設備が導入されていても、声優としてデビューできずに終われば何の意味もありません。

 

声優養成所や専門学校を選ぶ上で最も大切なことは、どの程度の確率でプロの声優になれるのかと言うことです。

 

 

ヒューマンアカデミー

 

ヒューマンアカデミー公式サイト

 

週1回からダブルスクールで通えるヒューマンアカデミーは、他の声優専門学校と比べてオーディションが圧倒的に多いのが強みの一つです。

 

声優専門学校のメリットは、声優養成所と違って色々な声優プロダクションのオーディションを受けられる点ですが、オーディションの数は多ければ多いほど当然ながら声優デビューのチャンスも増えます。

 

声優専門学校によっては、小さなプロダクションのオーディションしか受けられないと言うこともありますが、ヒューマンアカデミーのオーディションには大手の有名プロダクションが数多く参加します。

 

春と秋に2回開催される校内オーディションでは、90社を超える声優プロダクションが来校します。

 

校内オーディションの期間中は2、3日に1回はオーディションが開催されていて、40社以上受験する生徒もいます。

 

2017年度の実績では、多くの大物声優を擁する青二プロのオーディションに6名が合格しました。

 

超大手の青二プロに6名合格というのは素晴らしい実績で、声優専門学校の中で過去最高の合格実績となりました。

 

1年中たくさんのオーディション機会に恵まれるので、在学中に声優デビューを果たす大学生もいます。

 

講師のレベルやレッスンの評判も高く、ヒューマンアカデミーの声優講師は、全員が現役で活躍しているベテラン声優です。

 

なお、正確にはヒューマンアカデミーは専門学校ではなく、一般企業が運営する声優スクールに分類されます。

 

専門学校はカリキュラムを変更する度に届け出が必要で、迅速かつ柔軟にカリキュラムを変更しづらいという欠点があります。

 

また、声優講師を採用するにも細かい規制が多く、現役で活躍する声優を講師に招くのに制限が出ることもあります。

 

そのため、声優の学校の中にはあえて専門学校にはせずに、民間のスクールとして運営することで、他にはない学校運営を目指すところもあります。

 

校舎は全国に16校あるので、大学と並行して無理なく通いやすいというのもヒューマンアカデミーのメリットです。

 

ヒューマンアカデミー公式サイトはこちら

 

 

 

アミューズメントメディア総合学院

 

アミューズメントメディア総合学院公式サイト

 

アミューズメントメディア総合学院では、卒業生の大半は声優プロダクションと契約して所属となります。
2018年度の卒業生においては、73.8%が声優プロダクションへの所属を決めました。

 

73.8%の所属率というのは声優の専門学校の中では驚異的な数字で、他の声優専門学校を圧倒しています。

 

所属にはなれなかった26.2%の卒業生も、そのほとんどが預り所属や、付属養成所の特待生となっています。

 

大学とのダブルスクールであっても、アミューズメントメディア総合学院では声優になるために着実にステップアップできるでしょう。

 

過去にも、大学に通いながらアミューズメントメディア総合学院を卒業して、今では有名声優として第一線で活躍している声優はたくさんいます。

 

大学生で声優専門学校とのダブルスクールを考えているなら、アミューズメントメディア総合学院はおすすめの専門学校です。

 

アミューズメントメディア学院公式サイトはこちら

 

 

 

大学生でも通える声優養成所一覧

プロ・フィット声優養成所

附属事務所 プロ・フィット
コースと費用

基礎科/1日3時間×週1/34万円
本科/1日2時間×週1/56万円
※学費は入所金を合わせた金額です。

入所期間 2年間(1年で継続審査あり)
校舎 東京
年齢制限 中卒以上、上限なし

 

 

 

俳協ボイス

附属事務所 俳協
コースと費用

スタンダードクラス/1日3時間×週1/22万円+税
アドバンスクラス/1日3.5時間×週1/8万円+税

入所期間 1年間(6ヶ月目で継続審査あり)
校舎 東京(新宿)
年齢制限 16歳〜38歳まで

 

 

 

talk back

附属事務所 ケンユウオフィス
コースと費用

1日2時間×週2/39万円+税(含入所金)
平日週2回で行っている内容を土日の1日で受講することも可能

入所期間 2年間(1年で継続審査あり)
校舎 東京(世田谷)
年齢制限 高卒以上

 

 

 

アトミックモンキー声優・演技研究所(アト研)

附属事務所 アトミックモンキー
コースと費用

1日2.5時間×週1/46万円+税
※入所金を含む

入所期間 2年間(1年で継続審査あり)
校舎 東京(麻布)
年齢制限 15歳〜30代位まで

 

 

 

アクセルゼロ

附属事務所 アクセルワン
コースと費用

基礎クラス(1年目)/1日2.5時間×週1/48万円+税(含入所金)
研究クラス(2年目)/1日2.5時間×週1/38万円+税

入所期間 3年間(1年ごとに進級審査あり)
校舎 東京(新宿)
年齢制限 15歳以上

 

 

 

ぷろだくしょんバオバブ付属養成所B.A.O

附属事務所 ぷろだくしょんバオバブ
コースと費用

1年目1日2.5時間×週1/34万円(含入所金)
2年目1日2.5時間×週1/27万円

入所期間 2年間
校舎 東京(新宿)
年齢制限 15歳以上

 

 

 

クレアボイス

附属事務所 クレアボイス
コースと費用

週1コース/30万+税
週2コース40万+税
※費用には入所金が含まれます。

入所期間 2年間(1年目で進級審査あり)
校舎 東京(新宿)
年齢制限 中学1年生〜30歳位まで

 

 

 

プロダクションエース演技研究所

附属事務所 プロダクションエース
コースと費用

1回2.5時間×週2/47万円(含入所金)

入所期間 1年間
校舎 東京(恵比寿)
年齢制限 14歳〜35歳位まで

 

 

 

よこざわけい子声優・ナレータースクール

附属事務所 ゆーりんプロ
コースと費用

週1コース/1日2.5時間/20万円
週2コース/1日2.5時間/30万円
※二年目は+10万円

入所期間 2年間
校舎 東京(赤坂)
年齢制限 中学生以上

 

チェックポイント
学費や細かいレッスン内容など、ホームページには書かれていない情報もあります。
インターナショナルメディア学院をはじめとして、気になる声優養成所に関しては必ず資料請求をして、可能であれば見学にも足を運んでみましょう。

 

 

 

大学は卒業すべきか?現役声優のわたしの意見

とりあえず大学に入ったものの、やっぱり自分は声優になりたいと声優養成所に通う方はたくさんいらっしゃいます。
そこで皆さんが迷うのが、大学生を続けるかどうかです。

 

しかし、声優養成所は普通の専門学校とは違い、全日制の週5日よりも、週に数回程度で通える声優養成所の方が多いのです。
上にご紹介した『大学生でも通える声優養成所一覧』にもある通り、週1〜2日で1日2時間程度のカリキュラムのところが多くなっています。

 

そのことからも、声優養成所は大学と並行して通うのは決して難しくはありません。

 

声優養成所にはフリーターの方もたくさんいらっしゃいますが、彼らもやはりレッスンは週に1、2回受けるだけで、それ以外の時間はバイトやプライベートにあてています。

 

また、仮に声優としてデビューできた場合、大学を卒業したということは必ず活かされます。

 

声優にしても俳優にしても、他人を演じるにはより多くの経験をすることが大切です。

 

大学で学んだことや経験したことは、声優になった時に必ず役に立ちます。

 

また、声優として生涯生活していくことは簡単なことではありません。

 

若いうちはビジュアルに助けられて仕事がきたとしても、数年後にも声優を続けていられるという保証はどこにもありません。

 

実際、アイドル声優としてデビューしたものの、5年後には声優を引退なんていう話はよく耳にします。

 

仮に声優の道から引退することになった時に、 大学を卒業しているというのは大きな財産になるはずです。

 

あなたがもし大学生であるなら、大学をちゃんと卒業するのに無理のないスケジュールの中で、声優養成所や専門学校に通うことをお勧めします。

 

≫インターナショナルメディア学院公式サイト

 

≫ヒューマンアカデミー公式サイト

 

≫アミューズメントメディア学院公式サイト