千葉の声優養成所と専門学校はココ!声優の学校を徹底解説

千葉の声優養成所と専門学校

千葉県内には柏市や船橋市を中心に、いくつかの声優養成所と専門学校があります。
以下に、千葉の声優養成所と声優専門学校について、順に解説していきます。

 

 

千葉の声優養成所

インターナショナルメディア学院

 

インターナショナルメディア学院公式サイト

 

3ヶ月に1回の所属審査による高いデビュー率
週1から学費を抑えて通える
講師にプロの声優が多い
年間いつでも入所OK

 

3ヶ月に1回の所属審査による高いデビュー率

千葉でどの声優養成所に通うのかを考える上で最も大切なことは、声優デビューできる可能性を考えることです。

 

有名な声優が通っていた声優養成所であったとしても、自分が最終的に声優になれないのであれば意味がありません。

 

声優事務所に所属することや、声優デビューしてプロになることを考えるなら、インターナショナルメディア学院は千葉で最もおすすめの声優養成所と言えます。

 

インターナショナルメディア学院では、3ヶ月に1回は提携事務所への所属審査が行われます。

 

ほとんどの声優養成所は1年に1回しか所属審査を行っていないので、インターナショナルメディア学院は非常にチャンスが多いと言えます。

 

入所から3年以内にデビューした声優の延べ人数は1,000人以上と、デビュー実績がかなり高い声優養成所です。

 

インターナショナルメディア学院のグループ会社には、アニメやラジオ番組の制作会社や、音楽レーベル、電子書籍の出版社などがあります。

 

グループ会社内の仕事には、インターナショナルメディア学院の生徒がキャスティングされやすくなっています。

 

声優を育てるだけの養成所ではなく、アニメに携わる総合カンパニーだからそこ、声優デビューへのバックアップも強力です。

 

インターナショナルメディア学院のデビュー実績

 

 

 

週1から学費を抑えて通える

声優養成所のカリキュラムは声優養成所によって様々で、週1回だけ声優養成所に通うところもあれば、週に5回と決められた声優養成所もあります。

 

インターナショナルメディア学院では週に1回から自由に選択できるので、経済状況に合わせて学費を安く抑えることも可能です。

 

社会人であれば夜間や休日に通うことができますし、大学生や高校生ならダブルスクールでも無理なく支払える学費です。

 

 

 

講師にプロの声優が多い

 

堀川りょう

宮村優子

 

売れっ子声優や実力のある声優を輩出している声優養成所では、必ず現役の第一線で活躍している声優が講師を務めています。

 

現役声優は今の声優業界で求められているものを知っているので、それをフィードバックしたレッスンを取りおこなってくださいます。

 

すでに現役を引退した声優では、基礎的な技術を教えることはできたとしても、これからの声優業界で求められるものを身に付けることはできません。

 

どの声優養成所にも"声優ではない講師"は必ずいて、演出家やアナウンサー、音響監督などから学ぶことももちろん大切なことです。

 

しかし、プロの声優になるためには現役の声優から教わるのは必須、講師に現役声優が1人もいない声優養成所はおすすめできません。

 

インターナショナルメディア学院では、"ドラゴンボール"ベジータ役の堀川りょう先生や、"エヴァンゲリオン"アスカ役の宮村優子先生をはじめとして、他にも多くの現役声優が講師として在籍しています。

 

 

年間いつでも入所OK

ほとんどの声優養成所では、入所オーディションは年に1回となっています。

 

声優養成所を探し始めたタイミングが悪いと、次回の入所オーディションまで一年近く待つことになります。

 

その点、インターナショナルメディア学院は年間を通していつでも入所可能なので、思い立ったらすぐに声優のレッスンを受けることができます。

 

学費が月謝制なので、他の声優養成所の入所オーディションを受験するまで、インターナショナルメディア学院で基礎を学んでおく人もいます。

 

声優は若ければ若い方がデビューできる可能性も高くなります。
本気で声優として仕事をしたいのであれば、少しでも早く声優の勉強を始めることをおすすめします。

 

インターナショナルメディア学院公式サイトはこちら

 

 

 

日本ナレーション演技研究所

 

日本ナレーション演技研究所公式サイト

 

学生の多い声優養成所
千葉県内に2校
アイドル声優向きの声優養成所

 

日本ナレーション演技研究所は、関東を中心に16校を展開していて、千葉県内には千葉市と柏市に校舎があります。

 

声優養成所の中でも学生が非常に多く、一二を争うほどのマンモス声優養成所です。

 

声優養成所によっては宣伝をほとんどしないところもありますが、日ナレは広告宣伝に力を入れているのもその理由です。

 

学生が多いので養成所生活が楽しめるという反面、その中から提携事務所への所属を勝ち取るには熾烈なオーディションを勝ち抜く必要があります。

 

提携プロダクションは6社あり、大手声優事務所のアイムエンタープライズも日本ナレーション演技研究所と提携しています。

 

アイムエンタープライズはアイドル声優が多い声優事務所で、日ナレもアイドル声優の育成に強いイメージがあります。

 

歌って踊れるアイドル声優を目指すのであれば、インターナショナルメディア学院と合わせて検討してみるのも良いでしょう。

 

コースは週1、週2、週3と用意されていて、仕事や学校、経済状況を考えながら選択することができます。

 

日本ナレーション演技研究所公式サイトはこちら

 

 

 

千葉県内には、上記の二つしか声優養成所がありません。
声優養成所の選択は非常に重要なので、必ず両校の資料を取り寄せて、細かい点まで比較検討してみることをおすすめします。

 

 

千葉の声優専門学校

千葉県にある声優養成所は二つだけですが、それ以外には学校が1校あります。

 

声優専門学校は声優養成所と違って、授業コマ数が圧倒的に多くなります。

 

そのため、これから声優の勉強を一からスタートする初心者の方であれば、声優養成所ではなく声優専門学校で一からみっちり学ぶというのも一つの考え方です。

 

千葉県唯一の声優の学校「総合学園ヒューマンアカデミー」について、以下に解説していきます。

 

 

総合学園ヒューマンアカデミー

 

総合学園ヒューマンアカデミー公式サイト

 

ヒューマンアカデミーは千葉県で唯一の声優の学校ですが、幸いなことに全国的に人気が高く、声優業界からの注目度も高い学校です。

 

声優養成所と専門学校の最大の違いは、声優養成所は声優プロダクションが自社で活躍するタレントを養成するのに対して、専門学校は声優プロダクションからは独立した学校という点です。

 

声優養成所に入所するということは、基本的には提携プロダクションへの入所を目指すということになり、原則として他の声優プロダクションのオーディションを受けることはできません。

 

その点、声優専門学校では在学中から自由にオーディションを受けることができるので、所属したい声優プロダクションが決まっていないなら声優専門学校も検討してみると良いでしょう。

 

業界との繋がりが強い専門学校ほどオーディションの機会は多くなりますが、ヒューマンアカデミーのオーディションは年間350回以上と、他の学校と比較しても圧倒的な多さです。

 

特に春と秋に2回開催される校内オーディションには、都内の声優プロダクションや芸能事務所が90社以上も参加します。

 

90社が来校する声優の学校はおそらく他にはないので、業界各社からの注目度の高さが分かります。

 

2017年の青二プロのオーディションでは、ヒューマンアカデミーから6名の生徒が合格しています。

 

業界最大手の声優プロダクション"青二プロ"に6名合格は素晴らしい実績で、声優の専門校の中で過去最高の実績となりました。

 

年間を通してオーディションの機会がたくさんあるので、在学中に声優デビューを果たす生徒もいます。

 

全日制コース以外にも、夜間や土日に受講できるコースもあるので、声優養成所のようなスケジュールで通うこともできます。

 

なお、千葉県唯一の声優の学校ヒューマンアカデミーは、正確には専門学校には分類されません。

 

専門学校は「カリキュラムが変更しづらい」「現役声優を講師に招きづらい」などデメリットが多いため、声優の学校の中にはあえて"専門学校"として運営しないところもあります。

 

専門学校ではないので専門卒の学歴にはなりませんが、声優や俳優のような業界を目指すのであれば、専門学校よりも民間企業が経営するスクールの方が実績が高く人気があります。

 

ヒューマンアカデミーは民間企業が経営するスクールなので、声優講師は全員が現役の第一線で活躍する声優たちです。

 

ヒューマンアカデミーの特徴
  • 年間350回以上のオーディションを自由に受けられる
  • 週1から学費を抑えて通える
  • 講師に現役声優が多い

 

ヒューマンアカデミー公式サイトはこちら