横浜の声優養成所と専門学校一覧|横浜のおすすめ声優養成所はどこ?

横浜の声優養成所と専門学校

横浜出身の方には横浜が好きな方が多く、できれば横浜から通いやすい声優養成所を探している方も多いのではないでしょうか?

 

幸い横浜にはいくつかの声優養成所と専門学校があり、実績や評判も東京の学校と比較しても見劣りありません。

 

以下に、横浜にある声優養成所と専門学校について、それぞれ解説していきます。

 

 

横浜でおすすめの声優養成所

 

横浜で声優養成所に通うのであれば、最もおすすめできるのはインターナショナルメディア学院でしょう。

 

声優業界で働く筆者の経験上、インターナショナルメディア学院が横浜で最もおすすめできる声優養成所であるのには、以下の二つの理由があります。

 

インターナショナルメディア学院公式サイト

 

インターナショナルメディア学院公式サイトはこちら

 

 

 

認められればどんどんデビューできる声優養成所

声優養成所とは、声優プロダクションが将来自社で活躍するタレントを育成するために運営している学校です。

 

声優養成所に入ると直属のプロダクションから声優デビューすることを目指してレッスンに励むわけですが、声優プロダクションに十分な仕事がないことにはなかなか声優養成所からプロデビューすることはできません。

 

声優プロダクションの中には、現在所属している声優で十分仕事をこなせるために、声優養成所の新規募集を見送っているところもあります。

 

新規募集を見送るならまだ良い方で、中には新しい生徒をどんどん募集しておいて、レッスン料を取るばかりで全くデビューさせてもらえない声優養成所も存在します。

 

横浜で良い声優養成所を選ぶのであれば、直属の声優プロダクションの運営状況も把握しておかなければなりません。

 

インターナショナルメディア学院のグループには声優プロダクションが二つあり、グループ会社でアニメやラジオ番組の制作も行うなど、仕事が豊富にあります。

 

直属プロダクションに仕事がたくさんあるので、声優養成所で認められればどんどん声優デビューさせてもらえます。

 

実際にインターナショナルメディア学院では、過去に入所から3ヶ月以内に声優デビューした方が70名を超えます。

 

もちろん未経験者が3ヶ月で声優デビューするのは大変ですが、実力さえあればちゃんとチャンスを与えてくれる声優養成所です。

 

今の声優業界ではデビューは早ければ早い方が強いので、インターナショナルメディア学院は時代にも合っていると言えます。

 

インターナショナルメディア学院のデビュー実績

 

 

 

講師に現役声優が多い

インターナショナルメディア学院では、ドラゴンボールZベジータ役の堀川りょう先生や、エヴァンゲリオンのアスカ役で有名な宮村優子さんが講師を務めています。

 

常勤講師のほとんどが第一線で活躍する声優や俳優、音響監督などです。

 

横浜や東京で声優養成所を探せばピンからキリまでたくさんありますが、規模の小さな声優養成所では、講師がナレーター経験のある人間ひとりだけなんていうところもあります。

 

あまり小さな声優養成所はおすすめできませんし、講師にプロの現役声優が一人もいないのは考えものです。

 

声優業界は年々少しづつ変わってきていて、現場で声優に求められるものも昔と今では違います。

 

講師に現役の声優がいることで、今の声優に求められているものをレッスンで学ぶことができて、デビューした後の結果へとつなげられます。

 

横浜に声優養成所はそう多くはありませんが、現役声優が少ない声優養成所は候補から外すことをおすすめします。

 

インターナショナルメディア学院公式サイトはこちら

 

 

 

その他横浜の声優養成所一覧

日本ナレーション演技研究所

日本全国に16校舎をチェーン展開する声優養成所で、2012年に横浜駅から徒歩5分のところに横浜校を開校しました。

 

週1〜週3のクラスから選択することができて、ジュニアクラスでは小学3年生から受講できるなど、幅広く多数の生徒を受け入れている声優養成所です。

 

日本ナレーション演技研究所からはアイドル声優の輩出が多く、カリキュラムにも歌やダンスのレッスンが目立ちます。

 

歌って踊れるアイドル声優を目指すのであれば、横浜の声優養成所の中ではおすすめできます。

 

ただし、提携プロダクションはアニメの仕事に比べて、外画吹き替えやナレーター、ラジオ番組の仕事はやや少なくなっています。

 

声優として生涯やっていくなら外画やナレーターの仕事は必要不可欠なので、そのあたりをどう補えるかがポイントとなります。

 

附属・提携事務所 アーツビジョン/アイムエンタープライズ/クレイジーボックス/VIMS(ヴィムス)/澪(みお)クリエーション/アライズプロジェクト
費用

1日3時間×週1/30万円
1日3時間×週2/46万円
1日3時間×週3/60万円
※学費は入所金を合わせた金額です。

入所期間 原則は2年以内
年齢制限 小学4年生から40歳未満
所在地 横浜駅より徒歩5分

 

日ナレ公式サイトはこちら

 

 

 

アバロン声優スクール

アバロン声優スクールは正確には声優養成所ではなく、声優の技術を学ぶための一般のスクールになります。

 

声優養成所は声優プロダクションが直営していて、自社で活躍するタレントを発掘するために運営しています。

 

アバロン声優スクールは声優養成所が運営しているわけではないので、あくまでも声優の一般スクールという位置付けです。

 

また、アバロン声優スクールは音楽スクールの姉妹校として誕生したので、声優よりもアニソンボーカリストの育成の方が評判が高いです。

 

レッスン時間は1回30分と短い割には、月謝が破格に高いのが気になるところです。

 

月々の費用は決して高くはありませんが、声優養成所が2時間〜3時間で1コマとしていることを考えると、1コマ30分しかないアバロン声優スクールのコストパフォーマンスはかなり悪くなります。

 

費用

1レッスン30分×月4回/14,688円

所在地 神奈川県横浜市西区北幸2-4-5

横浜駅西口より徒歩3分

 

アバロン声優スクール公式サイトはこちら

 

 

横浜の声優専門学校

横浜には声優の専門学校が二つしかありませんが、幸いなことに二校とも高い実績を上げている人気校となっています。

 

全国的に見ても評価が高い声優専門学校なので、どちらが自分に合っているのかじっくり選んで決めると良いでしょう。

 

 

ヒューマンアカデミー 横浜校

 

総合学園ヒューマンアカデミー公式サイト

 

横浜でどの声優専門学校に行くのかを選ぶ上で最も大切なことは、どのくらいの確率で声優デビューできるのかを考えることです。

 

最新の設備でプロの声優の授業が受けられたとしても、結局声優になれなくては専門学校に通う意味がありません。

 

ヒューマンアカデミーでは、年間を通して350回を超えるオーディションを機会を生徒に与えています。

 

東京の声優プロダクションや芸能事務所との強いパイプを持っているため、声優デビューや事務所所属へのバックアップが強力です。

 

年に2回の校内オーディションでは、90社以上の声優プロダクションがヒューマンアカデミーに来校します。

 

学生は受験したい声優プロダクションのオーディションを自由に受けることができて、生徒の中には40社以上受ける方もいます。

 

オーディションの数に比例して実績も良く、2017年の青二プロの所属オーディションでは、ヒューマンアカデミーから6名の生徒が合格しました。

 

業界最大手の青二プロに6名合格は素晴らしい実績で、声優専門校の中でも過去最高の実績となりました。

 

生徒の中には在学中にプロダクション所属オーディションに合格して、卒業を待たずして声優デビューする方もいます。

 

声優になるためには技術を学ぶだけではなく、チャンスに恵まれた環境に身を置くことも大切です。

 

その点において、ヒューマンアカデミーはチャンスが豊富な声優専門学校と言えます。

 

ヒューマンアカデミーの講師には、「テニスの王子様」や「HUNTER×HUNTER」に出演する並木のり子先生や、「機動戦士ガンダムZZZ」や「スラムダンク」で声優をつとめた原えりこ先生がおられます。

 

また、声優以外にも俳優や演出家、アナウンサーなど、様々なプロフェッショナルが在籍しています。

 

カリキュラムやレッスン内容の質が高く、生徒の意識も高いおすすめできる声優専門学校です。

 

また、週1から通える夜間・土日クラスも開講しているので、社会人や大学生もたくさん通っています。

 

ヒューマンアカデミー公式サイト

 

 

 

アミューズメントメディア総合学院 横浜校

 

アミューズメントメディア総合学院

 

アミューズメントメディア総合学院は、卒業生のオーディション合格実績を公開している数少ない声優専門学校です。

 

横浜校は2018年の11月に開校したばかりなのでまだ具体的な実績はそれほどありませんが、東京校の2018年度卒業生の実績では、73.8%の学生が声優プロダクションに所属となりました。

 

さらに、残念ながら不合格となった生徒さんのうち18.5%は声優養成所の特待生として招かれていて、将来的には声優デビューされることが期待されます。

 

過去には、芹澤優、小林裕介、ランズベリーアーサーなど、今をときめく有名俳優がアミューズメントメディア総合学院を卒業しています。

 

近年これだけ高い実績を残せているのは、日本全国の声優専門学校の中でも、唯一アミューズメントメディア総合学院だけとも言われています。

 

73.8%という数字は何よりもアミューズメントメディア総合学院が声優プロダクションから支持されている証拠であり、授業の質の高さを証明しています。

 

アミューズメントメディア総合学院では、毎年声優プロダクション75社を招いての学内オーディションを開催します。

 

1日1社づつじっくり行われる学内オーディションは、希望する声優プロダクションを好きなだけ受験することができます。

 

ヒューマンアカデミーと並んで、声優デビューへの強力なバックアップに期待できる声優専門学校です。

 

ただし、アミューズメントメディア総合学院の横浜校は、土日のみ授業を行っている専門学校です。

 

全日制で声優専門学校に通いたいという方は、東京校まで通学するしか方法はありません。

 

反対に横浜校のレッスンは週1〜2回程度なので、声優養成所と同じように仕事や学校と両立しながら通うことができます。

 

声優養成所や声優専門学校を目指す方のほとんどはプロの声優になることを目標にされていると思いますが、とにかく何が何でも声優になりたい!と言うことなら、アミューズメントメディア総合学院の横浜校を検討されてみるのも良いと思います。

 

アミューズメントメディア総合学院公式サイト

 

 

 

 

横浜にある声優専門学校は、上記二校のみとなっています。

 

どちらも実績があり人気の声優専門学校なので、選択肢としては間違いないでしょう。

 

可能であれば両校の体験入学や学校説明会に参加して、自分の肌でどちらの専門学校が合うのか選んでみることをおすすめします。

 

なお、上記二校の声優専門学校は、正確には学校法人の専門学校ではなく、一般企業が運営する学校になります。

 

学校法人の専門学校には「カリキュラムの変更がしづらい」「現役声優を講師に雇うのに制限がある」などのデメリットが存在します。

 

そのため、あえて学校法人の専門学校として届出けをしないことで、カリキュラムや講師を柔軟に選択できる学校運営をしているところはたくさんあります。

 

特に声優や俳優のようなエンタメ系の専門学校には、実は学校法人の専門学校ではないところがたくさんあり、そちらの方が実績の高い人気校だったりもします。

 

≫声優専門学校と一般企業が運営する学校の違い