初心者におすすめの声優養成所はココ!未経験者が基礎から学べる声優養成所

初心者でも入れる?プロの声優を目指せる声優養成所

声優養成所に入りたい!そう思ったものの、初心者でも入れるのか気になるところですよね。
幸いなことに、多くの声優養成所では未経験者や初心者も入所OKとしています。

 

現在プロの声優として活躍している方の中にも、完全未経験から声優養成所に飛び込み、デビューを勝ち取った方はたくさんいらっしゃいます。

 

こちらのページでは、初心者が選ぶべき声優養成所や、声優養成所を選ぶ際の注意点について解説していきます。

 

 

声優養成所に入るにはオーディションが条件

 

声優養成所のオーディション

出典:総合学園ヒューマンアカデミー公式サイト

 

声優養成所に入るにためにはオーディションに合格する必要があります。
オーディション内容は様々で、初心者としては嬉しい面接だけという声優養成所もあれば、実技を見る声優養成所もあります。

 

実技では短文の朗読やセリフの読み上げなどを行う声優養成所が多くなります。
オーディションに実技審査があると初心者では難しいのでは?と思ってしまいますが、初心者でもオーディションに合格する可能性は十分にあります。

 

声優養成所の実技オーディションでは、これからの声優としての可能性を見ています。
経験者に実力で劣るからと言って、初心者では入所できないというようなことはありません。

 

とは言え、実技オーディションがある声優養成所よりも、面接や書類審査だけで決める声優養成所の方が、初心者がオーディションに通る可能性が高いということも否定はできません。

 

 

初心者が行くならココ!おすすめ声優養成所2選

オーディションや入所難易度に加えて、初心者が学びやすいカリキュラムかどうかも含めて、初心者におすすめの声優養成所をご紹介します。

 

 

インターナショナルメディア学院

 

インターナショナルメディア学院公式サイト

出典:インターナショナルメディア学院公式サイト

 

日本全国に多くの校舎を展開する声優養成所の最大手、インターナショナルメディア学院では初心者や未経験者も幅広く受け入れています。

 

校舎数が多い分オーディションにも通りやすく、カリキュラムも初心者や経験者でコースを分けているので、声優の勉強をこれから始める方でも安心して授業に付いていくことができます。

 

声優養成所を選ぶ基準には色々とありますが、最も大切なのは声優デビューできる可能性。
インターナショナルメディア学院の最大の特徴は、声優事務所への所属審査の多さです。

 

インターナショナルメディア学院では、3ヶ月に1回と他の声優養成所よりもかなり頻繁に直営プロダクションへの所属審査が行われます。
経験者であれば入所してから1ヶ月でデビューをした声優もいるほどで、実力さえあればちゃんとデビューのチャンスを与えてもらえる声優養成所です。

 

入所から3年以内にデビューした声優の延べ人数は1,000人以上と、デビュー実績はかなり高い声優養成所でもあります。

 

グループ会社ではアニメコンテンツなどの制作も行っていて、自社の作品にはインターナショナルメディア学院の新人がたくさん抜擢されています。

 

また、講師を務めるのは現役の第一線で活躍する声優です。
多くの人気声優を輩出している声優養成所では、必ず現役で活躍している声優が講師を務めています。

 

現役声優は今の声優業界で求められているものを知っているので、それをフィードバックしたレッスンを取りおこなってくださいます。
入所しやすいことに加えて、初心者が声優のスキルを学ぶ環境として、インターナショナルメディア学院はおすすめの声優養成所と言えます。

 

公式サイトへのバナー

 

 

 

日本ナレーション演技研究所

 

日本ナレーション演技研究所のロゴ

出典:日本ナレーション演技研究所公式サイト

 

日本ナレーション演技研究所は、数ある声優養成所の中でも生徒数が非常に多いマンモス声優養成所です。
声優養成所によっては宣伝をほとんどしないところもありますが、日本ナレーション演技研究所は広告に力を入れているのもその理由でしょう。

 

提携プロダクションは6社あり、大手プロダクションのアイムエンタープライズも日本ナレーション演技研究所と提携しています。
アイムエンタープライズと言えば近年アイドル声優の活躍が目立ちますが、日本ナレーション演技研究所もアイドル声優の育成が得意な声優養成所です。

 

声優養成所を選ぶ際には、将来どんな声優になりたいのかということも考えながら選ぶようにしましょう。

 

また、小学4年生から中学3年生を対象としたジュニアクラスがあるのも日ナレの特徴です。
小中学生が通える声優養成所はかなり限られているので要チェックです。

 

公式サイトへのバナー

 

 

 

上記二校の声優養成所以外にも、CHK声優センターなど初心者でも入りやすい声優養成所はいくつかあります。
しかし、声優養成所は入ることが目的ではなく、声優に必要な技術や知識を学び、将来的に声優としてデビューすることが目的です。
入所オーディションの難易度は低く、しかし声優の養成実績は高い声優養成所、そういう意味では上記二つの声優養成所がおすすめです。

 

 

 

初心者が入るのが難しい声優養成所

声優養成所によっては、初心者や未経験者では入所が難しいところがあるのも事実です。
初心者でもオーディションに合格することもありますが、以下の声優養成所は一般的にオーディション難易度が高いと言われています。

 

  • 青二塾
  • スクールデュオ
  • 俳協ボイスアクターズスタジオ
  • マウスプロモーション付属
  • ぷろだくしょんバオバブ付属養成所BAO

 

声優養成所への入所難易度が高くなる理由は、声優養成所が初心者よりも経験者を選んでいることももちろんですが、生徒数に対して施設の規模が小さいことも考えられます。

 

毎年20名しか入所できない規模の声優養成所に50名の入所希望者がいたら、単純に倍率は2.5倍になります。

 

決して声優養成所として否定するわけではありませんが、初心者の方であれば他の声優養成所も検討してみることをおすすめします。

 

 

初心者が声優養成所を選ぶポイント

初心者や未経験者が声優養成所を選ぶ際には、いくつか押さえておきたいポイントや注意点があります。

 

 

まずは募集要項をチェック!

声優養成所を選ぶ際には、まずは募集要項を確認しておきましょう。
声優養成所の募集要項には、「声優専門学校や劇団などで1年以上の基礎訓練を受けたもの」などと書かれていることもあり、初心者や未経験者では受験できない声優養成所もあります。

 

反対に、募集要項に特に記載がないようなら初心者でも入所可能と考えて良いでしょう。
初心者でも受け付けている声優養成所の方が数は多くなりますが、念のため募集要項は要確認です。

 

中上級者を対象としている声優養成所に初心者が入れたとしても、授業についていけなくなったり、周りとのレベルの差でモチベーションが低下することも考えられます。

 

また、声優養成所によっては年齢制限を設けているところもあります。
高校生〜27歳位であればほとんどの声優養成所を受験可能ですが、それ以外の方は年齢条件も確認しておきましょう。

 

 

 

養成期間は最低2年

声優養成所の中には養成期間が定められているところもあります。
養成期間が2年の声優養成所もあれば、半年間という短い期間の声優養成所もあります。

 

声優未経験の初心者が選ぶのであれば、最低でも2年間は在籍できる声優養成所が良いでしょう。

 

声優養成所は専門学校とは違い、週に1回や2回通うのが一般的です。
その程度の頻度でレッスンに通いながら、初心者が半年間で声優デビューするのは非常に難しい話です。

 

仮に養成期間が半年間の声優養成所でデビューできなかった場合、卒業後はまた別の声優養成所のオーディションに合格して、入所金を支払う必要があります。

 

まずは発声や滑舌の基礎をしっかりと身につけておくためにも、最低でも2年間の養成期間の声優養成所がおすすめです。

 

また最近は、声優未経験の初心者の方は声優養成所ではなく、声優専門学校を選ぶ傾向にもあります。
声優専門学校は週5日授業の全日制なので、授業時間が声優養成所に比べて圧倒的に多くなります。

 

発声や滑舌など声優の基礎から、芸能界の業界マナーなども指導している声優専門学校が多いので初心者の方におすすめです。

 

 

 

 

将来どんな声優になりたいのか?

声優と一言でいっても、アニメや映画の吹き替え、ナレーションからラジオなど、様々な仕事があります。
最近はアニメ声優がCDデビューしてコンサートを開くなど、アニソンアーティストとしても活躍する声優もいます。

 

例えば、将来は2.5次元ミュージカルでも活躍できるような「声優×舞台俳優」になりたいと考えているなら、提携プロダクションにそのような声優が多い声優養成所を選ぶのが良いでしょう。

 

声優プロダクションには、それぞれ得意としている分野があります。
アニメなのか映画なのかラジオなのか、あなたがなりたい声優のマネジメントを得意とする声優プロダクションを目指しましょう。

 

声優養成所は声優プロダクションの直属であり、声優養成所に入所するということはその声優プロダクションの養成員になると言うことです。
将来声優になったらどんな仕事をしたいのか、ある程度決まっているならその点も踏まえて声優養成所を選ぶと良いでしょう。

 

また、声優養成所のカリキュラムにも目を通して、将来目指す声優の勉強ができるのかもチェックしておくことが大切です。
将来は歌もできるアイドル声優になりたいなら、ヴォーカルトレーニングやダンスレッスンも充実している声優養成所を選ぶのが良いでしょう。

 

将来どんな声優になりたいのかを明確にして、それに向けた勉強ができる声優養成所を選択しましょう。

 

 

 

入所金と学費について

声優養成所に支払うお金は、主には入所金と授業料の二つになります。
これ以外にも、テキスト代など諸費用がかかることもありますが、とりあえずは入所金と授業料を確認しておけば良いでしょう。

 

入所金と授業料を合わせた費用は声優養成所によってかなり差があり、週1コースでも年間30万円程度の声優養成所から、50万円を超える声優養成所まであります。

 

また、学費は一括払いの声優養成所もあれば、月謝制で負担が少なく支払える声優養成所もあります。

 

これから声優の勉強を始める初心者の方であれば、これからどの程度のお金と時間を使えるのか、計画性を持って声優養成所を選ぶことも大切でしょう。

 

 

初心者は声優専門学校も検討しよう!

 

声優専門学校の授業

出典:アミューズメントメディア総合学院公式サイト

 

声優養成所は週1回〜3回、1レッスンは2時間程度というのが一般的です。
レッスン時間はどうしても限られてくるため、地方から出てきた方のイントネーション補正の授業など、ある程度自主練習として省かれるものもあります。

 

対して、声優専門学校は週5日の朝から夕方まで授業というところが多く、声優養成所に比べて授業時間が圧倒的に多くなります。

 

地方出身者で方言が強い方や、声優業界のことは何も知らないという方は、声優専門学校で一から順に学んでいくというのも一つの方法です。

 

とは言え、声優専門学校は他学校や仕事との両立が難しく、学費も声優養成所と比較して高くなります。
声優養成所か声優専門学校か、初心者の方は色々な角度から慎重に選択しましょう。