声優養成所の入り方|入所オーディションの試験内容と入所までの流れ

声優養成所に入るには

声優を目指す第一歩は、声優プロダクションに所属することです。
声優プロダクションに所属するためには、付属の声優養成所に入所するか、もしくは声優専門学校を卒業後にオーディションを受けるのが一般的です。

 

それでは、声優養成所に入るにはどのような条件があるのでしょうか?
声優養成所に入るには、以下の二つの条件を満たす必要があります。

 

 

【条件1】声優養成所の募集要項を満たしているか

声優養成所に入るには、第一に声優養成所が決める募集要項を満たしている必要があります。
声優養成所が定める募集要項には、以下の二つがあります。

 

  • 年齢と学歴
  • 声優や演技の経験

 

 

声優養成所の大半は、入所オーディションを受ける者に対して年齢条件を定めていますが、高卒から30歳くらいまでの年齢であれば、ほとんどの声優養成所の入所オーディションを受けられます。

 

また、声優養成所によっては、小学生や中学生向けのコースを設けているところもあります。
年齢の上限は声優養成所によって色々で、20代後半までという厳しい条件の声優養成所もあれば、上限はなく何歳まででも受験OKとしている声優養成所もあります。

 

さらに、声優養成所によっては、声優や舞台演技の学習経験を必須条件としているところもあります。
そのような声優養成所は一部ですが、声優専門学校や劇団での1年以上の基礎訓練を条件としているところが多いようです。

 

しかし、ほとんどの声優養成所は未経験者も受け入れていて、実際に声優養成所に入所してみると、同期の半数以上は未経験者ということがほとんどです。

 

声優経験は無くとも入れる声優養成所はたくさんありますし、未経験者不可の声優養成所を候補から外せば良いだけなのでそれほど気にしなくても良いでしょう。

 

 

各声優養成所の応募条件
インターナショナルメディア学院 特になし
日本ナレーション演技研究所 小4〜40歳まで
プロ・フィット声優養成所 中学卒業見込み以上
シグマセブン声優養成所 16歳〜30歳
俳協ボイス 16歳〜38歳
talk back 特になし
マウスプロモーション付属俳優養成所 18歳〜27歳
青二塾 東京校/高卒以上

大阪校/18歳〜28歳の高卒以上

アクセルゼロ 15歳以上
ぷろだくしょんバオバブ付属養成所BAO 基礎訓練を受けた15歳以上
プロダクション・エース演技研究所 14歳〜35歳位まで

 

 

【条件2】声優養成所のオーディションに合格する

声優養成所の入り方として、避けては通れない道が入所オーディションです。
声優養成所は専門学校とは違い、お金を払えば入れるというものではありません。

 

声優養成所の目的は、自社の声優事務所で活躍してくれる声優を育てることですから、始めからある程度ふるいにかけられます。

 

オーディション試験の合格率は声優養成所の人気や規模によっても変わってきますが、倍率にして1倍〜5倍程度となります。

 

 

 

声優養成所のオーディションの試験内容

声優養成所の入所オーディションの試験内容は声優養成所によって異なりますが、以下の項目のような審査が行われることが多いです。

 

  • 書類審査
  • 面接
  • 筆記試験
  • 実技(朗読・セリフ・エチュードなど)
  • 自己アピール

 

※エチュードとは?
エチュードとは、台本のない即興劇のことです。人物や状況の設定だけを決められた上で、アドリブで自由に演技するというものです。

 

 

声優養成所の入所オーディションは、一次審査のみのところもあれば、二次審査まで設けているところもあります。
選考内容として多いのは、書類審査と面接、当日渡された台本を読む実技、そして自己アピールでしょう。

 

実技試験で当日渡される台本には、アニメの登場人物のようなセリフもあれば、テレビ番組のナレーションのような朗読文もあります。

 

自己アピールは自分の特技を披露したり、自分の魅力を伝える時間です。
自己アピールはなんでも自由に披露できますが、歌やダンス、語学力や空手演舞など、声優や俳優に関係のあるものの方が有利です。

 

一発芸のような自己アピールは、演技者を求める声優養成所には適していませんが、タレント性を求める声優養成所なら好まれるかもしれません。

 

自己アピールの内容が普通であったとしても、審査員とのやり取りや、芸に取り組む姿勢から、良い評価を得られる可能性もあります。
受験する声優養成所はどんな人材を求めているのか、それに合わせて自己アピールを考えることが大切です。

 

声優養成所の書類審査では、容姿も選考基準の一つとなります。
普段から容姿を磨くことを心がけて、可愛く、かっこよく写っている写真を送るようにしましょう。

 

なお、声優養成所の入所オーディションを受けるには、受験料を支払う必要があります。
受験料は5,000円〜8,000円あたりが相場となりますが、日ナレのように無料のところもあれば、青二塾のように11,000円とそれ以上かかるところもあります。

 

 

各声優養成所のオーディション内容
インターナショナルメディア学院 面接のみ
日本ナレーション演技研究所 筆記試験、面接、セリフ
プロ・フィット声優養成所 書類審査のみ(基礎科)
シグマセブン声優養成所 面接、セリフ、自己アピール
俳協ボイス 面接、セリフ、朗読、自己アピール
青二塾 書類審査、面接、セリフ、朗読
81 ACTOR'S STUDIOS 面接、セリフ
プロダクション・エース演技研究所 書類審査、面接、セリフ
ぷろだくしょんバオバブ付属養成所BAO 面接、セリフ、自己アピール
スクールデュオ 面接、セリフ、朗読

※2020年度の入所オーディション内容です。

 

 

 

声優養成所の入所オーディションはいつ?

声優養成所の入所オーディションは、11月〜2月頃に年に1回の開催としているところが多くなります。
声優養成所によっては年に2回、または随時入所可能な声優養成所もあります。

 

たいていの声優養成所は年に1回の入所オーディションとなり、受験希望者の受付期間は声優養成所によって異なります。
受験したい方は見落とさないように随時声優養成所の公式ホームページで確認するようにしましょう。

 

晴れてオーディション試験に合格した場合は、たいていの声優養成所では4月からレッスンがスタートします。
入所したい声優養成所が決まったら、声優養成所の公式ホームページでオーディション時期や入所までの流れを確認しておきましょう。

 

 

 

まとめ

声優養成所は芸能プロダクションの養成機関ですが、入り方としては声優の専門学校とそれほど大きな違いはありません。
声優専門学校との明らかな違いと言えば、入学試験ではなくオーディションを受験することで、希望したからと言って入れるわけではないという点です。

 

特に少人数制の小さな規模の声優養成所となると、入所オーディションの倍率は数倍になります。
声優養成所は併願できるところが多いので、倍率を考慮した上で複数の声優養成所を受験しておくのも一つの手段です。