東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校の評判|声優専攻の口コミや特徴

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校の評判を解説

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校

 

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校は学校名の通り、声優やアニメ、eスポーツについて学べる専門学校です。
東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校の声優専攻ではどのようなことが学べるのか?授業内容の評判や口コミ、また卒業生の声優デビュー実績などについても徹底解説していきます。

 

 

 

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校の強みとは?メリットを徹底解説!

声優以外にも、アニメ制作やeスポーツについても学べる東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校。
声優だけではなく幅広い分野の人脈をつくれるという点で進学を決める学生もいるようです。
東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校の声優専攻にはどのようなメリットや強みがあるのか?順に見ていきましょう。

 

最先端の設備

 

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校のスタジオ

出典:東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校公式サイト

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校が評価されている点の一つは設備面です。 
ミキシングルーム、アフレコスタジオ、アナウンスブースなど、声優に関する授業に必要なすべての施設・設備が揃っています。

 

有名な声優専門学校であれば、プロの声優が使う本格的な機材が揃っているのが普通ではありますが、東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校では機材が比較的新しいことも評価されています。

 

 

産学連携プロジェクトがある

産学連携とは、企業と学校が連携をとって人材を育成する取り組みです。企業の仕事に学生が参加することで、声優志望の学生がプロの仕事を体験できるという点で評価されています。

 

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校の産学連携は、企業からの依頼があった時にチャンスを掴むことができた学生は、声優としての職業体験をすることができます。
ただし企業からの依頼は常にあるわけではないため、必ず参加できるわけではありません。

 

企業と連携して声優を育成する取り組みを行っている声優専門校であれば、AMGの略称で知られるアミューズメントメディア総合学院が有名です。

 

AMGでも東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校と同じように、学生にプロの現場で仕事ができる機会をたくさん提供しています。

 

AMGでは仕事の数が非常に多く、内容も本格的なものが多いため、多くの現場経験を積むことができます。

 

AMGはグループ会社にアニメやゲームのコンテンツ制作会社があるため、専門学校内でも様々なコンテンツを制作しています。

 

プロの声優が利用するレコーディングスタジオが校内にあり、コンテンツ制作が身近にある学校です。

 

AMGでは学内でのコンテンツ制作に加え、外部企業からの仕事依頼もあり、学生がプロの現場を経験できる機会が圧倒的に多いのが特徴です。

 

専門学生にプロの声優のお仕事を経験させる取り組みは、声優専門学校では非常に増えつつあります。

 

しかし、案件の多さや仕事内容の濃さは学校によって様々で、学校ホームページにインターンシップと書かれていてもその機会に恵まれないまま卒業する学生も少なくありません。

 

インターンシップの有無だけではなく、どういった内容の仕事がどの程度経験できるのかまで、しっかりと比較検討することをおすすめします。

 

 

 

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校は評判が悪い?知っておきたいデメリット

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校の声優専攻には、当然のことながら悪い口コミや評判もあります。自分に合った声優専門学校を選ぶためにも、悪い口コミや評判についても確認しておきましょう。

 

声優のデビュー実績が少ない

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校は、声優を輩出した実績はまだまだ多いとは言えません。
まだ歴史の浅い学校ということも理由としてあげられますが、声優業界の厳しい現実があるとも言えるでしょう。

 

一方で、声優専門学校の中にはこれまでに多くの有名声優を輩出している学校もあります。

 

生徒の過半数が卒業後に声優プロダクションに所属となる、高い実績を誇る学校もあります。

 

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校は比較的新しい専門学校と言うこともあり、まだ声優の輩出実績が多いとは言えません。

 

声優専門学校に入学する目的がプロの声優としてデビューすることであれば、学校の声優輩出実績は必ず確認することをおすすめします。

 

 

専門的な授業が少ない?

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校では、声優志望の学生はパフォーミングアーツ科に所属します。

 

パフォーミングアーツ科には、声優になりたい学生が通う「アニメ声優ワールド」とeスポーツを学びたい生徒が通う「e-sportsワールド」があります。

 

パフォーミングアーツ科では、「アニメ声優ワールド」と「e-sportsワールド」で同じカリキュラムの授業時間が多く、専門的な授業が少ないのは少し残念な点と言えるでしょう。

 

特に声優という職業は独学が難しい分野なだけに、専門的な授業やプロの声優によるレッスンを受けられる専門学校を選びたいところです。

 

多くの有名声優を輩出している専門学校では、演技や発声練習など、声や表現力を学ぶためのカリキュラムが多く組まれています。

 

講師によっても授業の質は変わってくるため一概には言えませんが、専門性が足りないと感じるのは少し気になる点でもあります。

 

 

 

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校のカリキュラムと授業内容

 

声優専門学校のレッスン風景

 

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校で声優を目指す学生は、パフォーミングアーツ科の「アニメ声優ワールド」に所属します。

 

「アニメ声優ワールド」では、「アニメ声優専攻」「声優アーティスト」「声優&スタッフ専攻」「声優&ダンス専攻」と4つの専攻に分かれますが、大きくは同じカリキュラムに沿って授業がすすめられます。

 

パフォーミングアーツ科「アニメ声優ワールド」では、以下のような授業が行われます。

 

  • 音声の演技表現
  • アニメ作品の研究
  • ヴォーカルテクニックの習得
  • ダンス
  • スタジオでの音声収録
  • オーディション対策

 

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校の声優専攻では、1年時次に基礎を、2年次に応用を学ぶカリキュラムとなっています。発声や発音、演技など、声優に必要な基礎を学ぶことができます。

 

 

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校の講師

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校では、TVアニメ「ちびまる子ちゃん」さくら友蔵役の島田敏先生や、TVアニメ「一発貫太くん」で戸馳一郎役を演じた秋元千賀子先生を講師として迎えています。

 

その他にも、ゲスト講師を招いて特別授業が行われることもあります。
東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校に限らず、人気声優をゲストに迎えて特別授業を行う声優専門学校はたくさんあります。

 

普段なら会うことができないような有名声優による講義を受けたり、声優業界の裏話が聞けたりと、学生のモチベーション向上にもつながる人気の授業となっています。

 

 

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校の卒業生

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校は、他の声優専門学校に比べてまだ歴史が浅く、声優デビュー実績はそれほど多くはありません。
東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校から声優デビューを果たした卒業生を以下にご紹介します。

 

和氣あず未

「ウマ娘 プリティーダービー」スペシャルウィーク、「世話やきキツネの仙狐さん」仙狐、「おしえて! ギャル子ちゃん」ギャル子

 

新井雄也

「テイルズ オブ ザ ステージ〜ローレライの力を継ぐ者〜」アッシュ、「ミュージカル 忍たま乱太郎」中在家長次

 

 

 

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校に入学するには?入試と偏差値について

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校に入るには、どのような手続きを行い、どのような試験に合格する必要があるのでしょうか?
東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校の入学方法には、以下の5つがあります。

 

AO入学

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校を第一志望とする方で、アドミッション・ポリシーにあてはまる方がAO入学のエントリーが可能です。
アドミッション・ポリシーとは、学校が求める人物像を意味します。東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校のアドミッション・ポリシーは以下の通りです。

 

  • 将来の夢や目標を持っている人
  • 「好きなことを仕事にしたい」という気持ちを持っている人
  • 学校の教育内容や方針を十分理解している人
  • 好きな仕事を通じて、人に喜びや感動を与えたい人 

 

 

推薦入学

推薦入学には高校推薦と指定校推薦があります。
高校推薦と指定校推薦では、エントリーの条件が少し異なります。高校推薦は東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校が第一志望であることが条件で、指定校推薦は単学進学を希望することが条件となります。
また指定校推薦は、体験入学・オープンキャンパス・学校説明会のいずれかに参加する必要があります。

 

 

一般入学

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校の一般入学では専願・併願のどちらも可能です。
ただし、他の専門学校との併願はできないので注意しましょう。なお、学力テストや筆記試験などは行われないため、東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校には偏差値のような基準はありません。

 

大学生・社会人入学

高校卒業以上の方であれば、大学生や社会人でもエントリーが可能です。
東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校の入学時に19歳以上であることが条件で、社会経験などは問われません。

 

編入学

アニメ・映像・芸術・俳優・声優・エンターテイメント系などの大学・短期大学・専門学校を卒業された方や卒業見込みの方は編入学の対象となります。

MEMO

いずれの入学方法においても、選考方法は「面接と書類審査」になります。エントリー可能な時期や必要書類はそれぞれの入学方法で異なるので、入学希望の方は東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校の公式HPにて確認しておきましょう。

 

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校Q&A

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校は何歳から入学できますか?

声優志望の学生が所属するパフォーミングアーツ科アニメ声優ワールドは、高校卒業以上でエントリー可能です。高校卒業見込の方も対象です。

入試に実技試験はありますか?

パフォーミングアーツ科アニメ声優ワールドは、面接と書類審査によって選考が行われます。実技試験はありません。

 

まとめ

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校は、声優専門学校として比較的歴史が浅いことからも、声優輩出実績がそれほど多いとは言えません。

 

声優専門学校は東京だけでも10数校あり、卒業生に多くの声優がいる専門学校や、産学連携のインターンシップを通した仕事のチャンスを豊富に提供している専門学校もあります。

 

声優専門学校を選ぶ際には、学校説明会や資料請求を利用して、よく調べたうえで慎重に選ぶようにしましょう。